2011年06月03日

民法の基本〜知財の話に行く前に〜

民法の基本_001.png

知財の内容は、毎週水曜日に更新しようと思っているのですが。。

締切に遅れてしまったむーです。

このカテゴリでは、知財の話をしようと思っているのですが、

今日はそこに行く前の話です。


知的財産権に関する法律は、特別法と呼ばれており、
民法という一般法がベースになっています。


一般法を特別な領域に拡大したものが特別法というイメージです。

民法に関してまず、初歩的なことを抑えるのが診断士試験では大事になります。

漫画の中では下記の2つの大原則を記載しました。

契約自由の原則:
自由な「意思」に基づいて自立的に権利、義務の関係を形成できること。

過失責任の原則;
故意、過失がなければ、何らかの損害が発生しても責任を負わないこと。

次回は、特許のほうを取り上げていきます。

posted by むー at 03:06| Comment(0) | 知的財産権 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。